FC2 Blog Ranking cafeログ 2012年04月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<気持ち>「うちかふぇ」さんの悲しい対応。。。

先日、新潟県新発田市にある
「うちかふぇ」さんにお茶しに行きました。

でも、今回は感想が書けません。。。

それと言うのも、入店拒否されてしまったからです。



別に私たちが閉店間際に行ったわけでも、
柄が悪かったわけでもありません。

ごく普通に訪問しました。

でも、ちょうど某雑誌の取材が来ていたのです。


時間は、お昼過ぎ。閉店は午後7時です。
席は、ちょうど2席手前に空きがありました。
店内には談笑してる他のお客様。
で、奥のテーブル席には雑誌取材がスタンバイ。

入ったとたんに「もうランチ終わったんですよ!」と言われ、
明らかに帰って欲しい雰囲気。。。

それでも(もともとランチの予定でなかったので)
「ケーキとかパフェとかでもないですか?」
と食い下がってみる(笑)

すると店内にいる厨房担当の方に聞いてくれました。
でも、「もう終わっちゃったんですよ!」の声。。。

カフェなんだし、コーヒーは? と訊こうとして、
結局言葉を飲み込みました。

何度もすみませんと謝られつつ、「わかりました」と店内を後に。



でも、どうしてもモヤモヤした気持ちが収まりませんでした。

その場でお茶できなかったことより、うちかふぇさんの
対応が納得できなかったのです。

営業時間中でOpenの表示も出ていたし、他のお客様もいる。
席も空いている。

でも、雑誌の取材を優先に、
客として来ていた私たちを追い返した。

私にはそう感じてならなかったのです。
少し、表現に刺があるとは思います。



雑誌の取材が、前もってアポが入り、
開始時間が決められ、限られた時間内なのもわかります。

でも、お店はカフェとして営業中です。

それならば、カフェとして楽しみに来た相手(客)を
迎え入れ、サービスを提供するのが最優先ではないか?



まるで、目の前にいる客2人より、
雑誌紹介後の客の人数を天秤に掛けて取られたような。

客は単に「数」「単価」でしかないような。

そんな気持ちになりました。



カフェでの空間を楽しみ、
時には店長さんなどとのやり取りを楽しみ、
癒やしだと考えている私にとって、
とても悲しい考えに行き着きました。



考えすぎではあると思います。
でも、こんなちょっとした事でもこう感じる人間はいるのです。



カフェに行ってこんな気持ちにさせられたのは初めてです。

…もし次に同じような状況になった人がいたら、
コーヒー一杯でいいから、多少時間がかかってもいいから、
もてなしてあげてほしいです。

私みたいな気持ちになる人が、
お店自体をもう諦めてしまうような人がでないように。



今回、うちかふぇさんとは縁がありませんでした。
でも、新潟にはたくさんのカフェが、お店があります。
十人十色のように、お店もさまざま。

これに懲りずに、これからもお店開拓、続けようと思います。

これまでの、そしてこれからの出会いに感謝を(^^♪

駄文・長文失礼しました!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

cafe053

Author:cafe053
新潟県在住の、20代女子のブログです。
食、音楽、コスメ好き。
雑多な生活記録を記入中。

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
instagram
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。